2016年2月5日金曜日

ボイスルーラーのご紹介


皆さま、こんにちは。

暦の上では“立春”が過ぎ、これからどんどん春になっていきますね。

 

さて今回は、「ボイスルーラー」をご紹介致します。


ボイスルーラーって何!?


それは、声の大きさが目で見てわかる“アイテム”です。






ボイスルーラーは、愛媛大学の苅田知則准教授が開発した、自分の声の大きさが見て分かるアイテムです。

自分が今どの位の声で話しているのかを、5つのLEDによって視覚的に理解する事が出来ます。

自閉症や知的障がいのある方には、「見て分かる」ことがとても重要です。

苅田先生によると、発達障がいの子供たちは教室や乗り物の中で大声を出すことなど声量を周囲に合せる事が困難な場合があり、それがいじめの対象や引きこもりにつながる事も多いため、早期に練習して調整する事が望ましいと考えられています。

このアイテムがあれば、子供たちは教師や親たちがそばにいなくても、いつでもどこでも一人で訓練できます。またコンスタントにボイスルーラーによる客観的測定および評価が出来る事により、調整する力が向上するものと期待できます。

 

子供たちは、声の大きさの基準が曖昧です。

これからは、単に「静かにしなさい」ではなく、「緑の声で話そうね」と、優しく語り掛けてみませんか。

 

それでは、動画にてご紹介致します。

 

※動画は通常版になります

 

ボイスルーラー:¥10,000+


 

またご紹介致しました「ボイスルーラー」ですが、赤LED上のアイコンが「うるさい(声が大きすぎる)を表す通常版と赤LED上のアイコンが「元気な声」が出せている事を肯定的に評価する笑顔版の2種ございます。必要に応じて、お選び下さい。

 

さらに、iPhoneで使えるアプリ版もございます。



 

Apple社のApp Storeにて「ボイスルーラー」を検索して下さい
 
それでは、「ボイスルーラー」のご紹介を終わります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

もし宜しければ、コメントなど頂けましたら幸いです。
 

2016-2-5

株式会社コムフレンド 川辺

0 件のコメント:

コメントを投稿